>>退職願い


退職願いを書いたことありますか?

最近は、派遣や契約社員などの雇用形態が増加傾向にあり、『退職願』を書いた経験が無いという人も増えてきているそうです。

また、退職願を書いたけど、書き方が良くわからなかった、見本を見なかったという人がほとんどだそうです。

実際、私も、転職などの自己都合で退職した場合は、口頭で申し出ることが
ほとんどで、過去に退職願を書いたのは1度だけででした。

書き方もほとんどわからず、『一身上の都合』だけ書いて提出した記憶があります。退職願いは必要なんでしょうか?

自己都合退職は、民法上の労働契約の解除であり、その方法は文書、口頭、いずれも有効であり、いずれの方法も行われている。

但し、離職の申し出の書証とするためには、退職願を提出する。と言われてます。

雇用者と労働者が双方納得し、スムーズに手続きが行われれば良いですが、何かしらのトラブルがあった際には、退職願いは証書として使用される訳ですね。

決して義務というわけではありませんが、トラブル回避の為にも退職願は提出したほうがスムーズに手続きが行われそうです。

退職願の書き方や見本は、Web上でも無料でフォーマットがダウンロードできたり、会社によっては独自のフォーマットを用意しているそうです。

書き方にもいくつか決まり事があるので、『一身上の都合』だけ書いて提出しても受理されない場合があるので、気をつけてくださいね。

退職するということは新しい人生のスタートでもあります。
気持ちを切り替えるためにも、退職届は必要なのかもしれませんね。