>>退職願い


会社都合でも退職願いは必要なのか

リストラや倒産で自分の意思とは無関係に会社を辞めなくてはいけない場合でも退職願いは必要なのか、特別な書き方があるのか・・・。

答えはNO! 一般的には提出する必要もなければ、特別な書き方もないです。

退職願いを提出すること=自分の意思で退職=「自己都合退職」 となるようですので、リストラなどで会社から退職を薦められたとき(「会社都合退職」)は 退職願いは必要ないそうです。

会社都合と、自己都合。。。大きな違いは失業給付の支給までの期間です。


「会社都合退職」の場合→退職後、約1週間で支給が始まります。
「自己都合退職」の場合→退職後、約3ヶ月経過しないと支給が受けられない
            のです。

中には『会社都合での退職願いの書き方がある』なんて、言われる場合もありますがそんな書き方は、絶対にありません!!

これは退職願いを提出させることで、会社都合でなく、自己都合による退職として処理しようとする場合があるそうです。

会社から『就業規則』だからと言われても、すぐには書かずに
必ず労働基準監督署に相談してみましょう。

正しい書き方について

転職や結婚などの自己都合で会社を退職する際には退職の意思を上司や社長に伝えなければなりません。

その意思表示の方法として『退職願』という書面での方法があります。

実際に退職願を書くとなると、会社でフォーマットを用意しているところもありますが自分で作成する場合、書き方がわからず悩みますよね。

『退職の意思が伝わればいいんだから、書き方なんて適当でいいんじゃな
い?』と思われがちですが、口頭で伝えられずに書面で。。。となると、退職届の書き方は、一度確認すべきだと思います。

そこでインターネットでも無料でフォーマットをダウンロードできますが
大体、下記↓のポイントが必要事項となります。


■退職日
■退職理由
■届け出年月日
■署名、押印
■あて名
■白地の縦書き便箋、白封筒


細かい規定や書き方については就業規定に記載されているので
特に届出年月日や退職日は必ず確認してから作成しましょう。

余談ですが。。。
皆さんは就業規定を読破したことってありますか?

多分、ほとんどの人が就業規定は入社直後か退職直前に
必要事項のみ読まれているのではないでしょうか?

私も、その一人です。。。

退職願いを書いたことありますか?

最近は、派遣や契約社員などの雇用形態が増加傾向にあり、『退職願』を書いた経験が無いという人も増えてきているそうです。

また、退職願を書いたけど、書き方が良くわからなかった、見本を見なかったという人がほとんどだそうです。

実際、私も、転職などの自己都合で退職した場合は、口頭で申し出ることが
ほとんどで、過去に退職願を書いたのは1度だけででした。

書き方もほとんどわからず、『一身上の都合』だけ書いて提出した記憶があります。退職願いは必要なんでしょうか?

自己都合退職は、民法上の労働契約の解除であり、その方法は文書、口頭、いずれも有効であり、いずれの方法も行われている。

但し、離職の申し出の書証とするためには、退職願を提出する。と言われてます。

雇用者と労働者が双方納得し、スムーズに手続きが行われれば良いですが、何かしらのトラブルがあった際には、退職願いは証書として使用される訳ですね。

決して義務というわけではありませんが、トラブル回避の為にも退職願は提出したほうがスムーズに手続きが行われそうです。

退職願の書き方や見本は、Web上でも無料でフォーマットがダウンロードできたり、会社によっては独自のフォーマットを用意しているそうです。

書き方にもいくつか決まり事があるので、『一身上の都合』だけ書いて提出しても受理されない場合があるので、気をつけてくださいね。

退職するということは新しい人生のスタートでもあります。
気持ちを切り替えるためにも、退職届は必要なのかもしれませんね。